« December 2005 | Main | February 2006 »

464.jp、ついに配信停止・・・

一部の好事家の間で評判となっていたゲリラサイト「464.jp」が、ついに配信停止に追い込まれたらしい。

464.jp

このサイトは、村元寅次という個人(マンガ喫茶の経営者らしい)が、マンガをとにかくスキャニングしてpdfファイル化してネットで公開(試験期間中ということで今年3月までは無料とのことだった)するという、いやはや、何ともゲリラなサイトで、しかも、著作権管理団体らしきもの(「全日本漫画著作権管理機構」という名称)を立ち上げて、そこを通してマンガ家団体に著作権使用料を支払うということまでブチ挙げていたので、個人的に苦笑、いや、期待していたわけですが・・・。

私は一応、「仮会員」登録まではできたのですが、そこから正会員への登録が、なぜかできず、結局464.jpというサイトから閲覧ができなかったのですが、「仮登録」会員に対してもお知らせメールが届いていまして、本日、以下のようなメールが来たというわけです。

--------引用開始--------

お詫び

2005年1月23日よりサーバの新規移転作業を行っておりましたが
出版社および漫画家の先生方々より
配信停止要請をいただき当サイトも著作権契約を
しておりませんでしたので上記の各方面にご迷惑をおかけしました

このままでは問題が出ると考え 25日コミックの配信を
停止いたしました。

いままで当サイトは「21世紀のコミック作家の著作権を考える会」の方と著作権の支払いについて
お話し合いをさせていただき、同協会の意思を私なりに理解し著作権者に
対して著作権料を新しい形で徴収しお支払いする仕組みを作りご提案をしてまいりました。
しかしながら 今回のような停止依頼が参りましたので
依頼に従い停止いたしました。

皆様にご迷惑おかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。
コミック・マンガ業界が 更なる発展をしていくことを願っております

著作権者の方と契約が出来きましたら464.jpを再開いたします。
近々464.jpの近況もお知らせ致します。今後ともよろしくお願いいたします。

現在 有料会員の方からお預かりしている利用料金は
お振込み頂いた料金を返金いたします
お振込み時のお名前、振り込み受付番号、振り込み金額
こちらからお振込みする 
お名前・銀行名・支店名・口座種別・口座番号を
ご記入の上、下記メールアドレスにご連絡ください
確認取れ次第順次ご返金いたします
info@muramoto.net
【重要】このメールを返信しても送信専用なので管理者あてに届きませんので
くれぐれも返信でお送りにならないようご注意ください。

★★ 手作業による作業のため1週間ほど処理に掛かると思います ★★

464.jp臨時サーバ http://58.158.184.14

このメールは退会された方にも念のためお送りしております。
ご迷惑おかけいたしますがなにとぞご理解ください。
*******************************************
464.jp管理運営者
村元 寅次
*******************************************

まがCGI(c)Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved

--------引用終了--------

・・・無事著作権者と契約を交わしていただいて、再開なされることを心から願っております!
(インターネットアーカイブ社はこのサイトをアーカイビングしているのだろうか・・・?)

| | Comments (8) | TrackBack (4)

図書館関係ガイドラインが発効に

そういえば、今年から図書館関係のガイドラインが発効するんでしたっけ・・・。

著作権法第31条の運用に関する2つのガイドライン(日本図書館協会ウェブサイト)
http://www.jla.or.jp/fukusya/index.html

根拠規定もないのに「ガイドライン」による運用をして大丈夫なのかなぁ・・・図書館界のひとりとして不安に思う今日この頃です。「もし万が一どこかの著作権者からこのガイドラインの運用に関してクレームが出たときには、話合いのうえ解決したいと考えています。そのような場合は、速やかに日本図書館協会著作権委員会までご連絡ください。当事者協議会を構成する権利者側団体とも協力して、問題の解決に当たります。」って書いていますが、ビジュアル著作権協会みたいなところが出てきて訴訟沙汰にでもなったら・・・おおコワ。

まぁ、横浜市立図書館に対しても訴訟を起こせないヘタレな権利者ですから、大丈夫なのかもしれませんケド。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

国会図書館のゆくえ

あけましておめでとうございます。

このブログ、しばらくお休みをいただいておりましたが(本業がタイトになったので・・・すみません)、正月ということで、今年は気合いを入れてやっていきたいと思います。なにとぞよろしくお願いいたします。

しばらくお休みをいただいたので、久しぶりにチェックをしましたら、ありがたいことに、結構(辛口なものを含めて)コメントをいただいていました。ありがとうございます。追ってコメントしますが、その中で、昔投稿した国会図書館の館長問題の投稿に「西口ぶるーす」さんからコメントをいただきまして、そこで以下の読売の記事をご紹介いただきました。ありがとうございます。今回はそれを中心に。

両院法制局を統合、自民が国会事務改革案(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051225i102.htm?from=main1

あの「見出し」掲載にケチをつける読売の記事なので、見出し掲載にはかなり勇気が必要でしたが(笑)、記事のことを「論評」しますので、ゴーマニズム裁判の上杉先生を見習って、論評のためには引用してもかまわないんだ、という意気込みで、あえて見出しを掲載することとしました(爆)

この記事によると、12月24日に自民党が検討チームを開いて改革案を決めた、その中には両院法制局の統合を始めとして色々なことが書かれていた、というわけです。

この記事を読んで、私は少し前に産経に掲載されていた、衆院事務局による事務局スリム化の検討についての一連の記事のことを思い出しました。

国会事務局改革 委員部と調査局統合 衆院総長私案 運転業務は民営化(産經新聞2005年11月24日付け)
http://www.sankei.co.jp/news/051124/morning/24pol001.htm

国会改革案 新規採用、退職の半数 幹部高給見直し 衆院検討チーム(産經新聞2005年11月28日付け)
http://www.sankei.co.jp/news/051128/morning/28iti003.htm

要するにこの自民党案は、衆院事務局側で検討された案をたたき台にしているみたいですね。
単に人だけを減らすのではなく、機能を縮小して減員に伴うマイナス分を吸収しているところがクレバーです。聴くところによれば、衆参委員部と衆調査局・参委員会調査室の仕事っていうのは、各省庁の法令・企画担当係が審議会を運営する際に行う業務を分担して行っているだけに過ぎないみたいですから、委員部と調査局の統合というのは現実に則した内容と思います。(委員部は委員会の日程調整、委員会の進行等の「運営面」を担当。調査局・委員会調査室は委員会の議事資料の作成、質問作り、参考人ピックアップなどの「内容面」を担当)

これにひきかえ国会図書館は、やれ子ども図書館だとか、やれ関西館だとかと、無自覚な膨張を繰り返しているだけ(これって戦前の「国防方針なき」陸海軍と同じでは・・・)としか思えないので、こういう守りの局面になると、戦前の陸海軍と同じで何も対応できないような感じがするのは私だけ??

衆院で減員を決めているのでしたら国会図書館も人減らしをしなければならないのでしょうけれども、きちんとリストラをしたうえで減員しないと、今のサービス内容が低下することになって、今度は(今度こそ?)国会図書館不要論が出てきたりしますよ・・・。

せっかく都立大の院生が朝日に応援論を投稿してくれたんですから、それをきちんと生かさないと、それこそ「西口ぶるーす」さんのおっしゃるように、地位低下を招いてしまいますよ!国会図書館さん!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »