« 「知的財産権を守る議員連盟」ってあるんですね。 | Main | 船橋市西図書館蔵書廃棄事件の差戻裁判の判決 »

「予備的調査」の内容を推察すると。

つづきです。
以上の調査により明らかになったのは、

「予備的調査」は、日本ビジュアル著作権協会の息がかかった「知的財産権を守る議員連盟」が中心となって出されたものと推測できる、

ということです。
そうすると、この予備的調査の内容は、教材が教育現場でどう使われているのか、とか、教育現場できちんと著作権保護がされているのか、とか、外国で教材の著作権関係がどうかとか、外国では教科書補償金制度があるのかとか、そういうことなのでしょうか。日本ビジュアル著作権協会の主張や前田議員のインタビューなんかを読むとそんな感じがします。

ひょっとして、来期の法制小委では、このあたりが議論になるのかもしれませんね。
また権利制限の縮小の議論ですか。もうやってられませんね。
とはいえ、図書館には累が及ばないので、少しはましかもしれませんが・・・

|

« 「知的財産権を守る議員連盟」ってあるんですね。 | Main | 船橋市西図書館蔵書廃棄事件の差戻裁判の判決 »

「出版流通」カテゴリの記事

「著作権」カテゴリの記事

「著作権行政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/7170723

Listed below are links to weblogs that reference 「予備的調査」の内容を推察すると。:

« 「知的財産権を守る議員連盟」ってあるんですね。 | Main | 船橋市西図書館蔵書廃棄事件の差戻裁判の判決 »