« お久しぶりです・・・ | Main | 判決文が公表(船橋図書館蔵書廃棄事件) »

最高裁、破棄差戻し(船橋市立図書館蔵書廃棄事件)

船橋市立図書館蔵書廃棄事件の上告審の判決が本日(7/14)午前10時30分に言い渡されました。
法廷では主文のみが言い渡されましたので、理由等については、はおそらく掲載されると思われる最高裁HPの判決文を読む必要があります。(当事者以外の者には交付してくれないそうです)

主文は以下の2つです。
1.原判決のうち、被上告人に関する部分を破棄する。
2.本裁判を東京高等裁判所に差し戻す。

被上告人とは船橋市ですから、高裁判決のうちの船橋市に関する記述に誤りがあるから、改めて審理し直せ、と高裁に命じたわけです。

原判決は、公共図書館のどの蔵書を破棄するかは船橋市の自由裁量であり、この行為につき原告側は何らの利益も侵害されていない、という内容でした。ところが、今回の判決により、船橋市側の部分が取り消されたのですから、公共図書館の蔵書となっている自らの著書につき、みだりに廃棄されない権利が原告側に認められたのではないかと推察されます。

今日の法廷自体は5分程度で終わりましたが、テレビカメラが4台入っていましたし、記者さんもざっと数えたところ10名はいましたから、夕刊でも何らかの報道がなされるかもしれません(すでにネットニュースで流されているかも)

取り急ぎ、報告します。

(続報)
と思ったら、ネットニュースで早速取り上げられていました。(「」は記事からの判決部分の切り出し)

asahi.com
「公立図書館は本の著者にとって、思想や意見を伝える公的な場であり、職員の独断的な評価や個人的な好みで著書を廃棄することは、著者側の伝える利益を不当に損なうものだ」「著者が意見などを伝える利益は、法的保護に値する人格的利益だ」「図書の廃棄は著者の人格的利益を侵害し、違法」
Yomiuri Online
「著作者には、公立図書館で不公正な取り扱いを受けずに思想や意見を公衆に伝達する利益があり、その利益を侵害した廃棄行為は違法」「こうした公立図書館に著作物が置かれている著作者は、その思想を公衆に伝達する利益をもっており、その利益は法的保護に値する人格的利益である」
MSN-Mainichi INTERACTIVE
「著作者には公立図書館で自分の思想や意見を市民に伝える法的利益がある」「(公立図書館は)住民に資料を提供してその教養を高めることを目的とした公共の場」「表現の自由は憲法で保障された基本的人権であることも考えると、著作者が公立図書館で思想や意見を伝える利益は法的保護に値する」
Sankei Web
「公立図書館は思想、意見を伝達する公的な場で、職員の独断による廃棄は著者の利益を侵害する」「公立図書館の職員は独断的評価や個人の好みにとらわれず、公正に資料を扱う義務がある」「司書がつくる会や賛同者への反感から廃棄を決めたのは、職務義務違反で、著者の人格的利益を侵害する違法行為」
nikkei net
「公立図書館は住民に資料を提供するための公的な場で、そこで閲覧に供された図書の著作者には、思想や意見などを公衆に伝達する法的保護に値する人格的利益がある」「(独断的な評価や個人的な好みで著書を廃棄した市側の行為は)著作者の人格的利益を侵害するもので、国家賠償法上違法」
東京新聞(Chunichi Web Press)
「公立図書館は著者の思想や意見を伝える場で、独断による廃棄は著者の利益を侵害する」

|

« お久しぶりです・・・ | Main | 判決文が公表(船橋図書館蔵書廃棄事件) »

「図書館」カテゴリの記事

Comments

船橋市立図書館は、土橋悦子著「ぬい針だんなとまち針おくさん」を計35冊、土橋悦子訳「メリーゴーランドがやってきた」を計32冊の合計67冊、私達の血税(公費)で購入されているそうです。(寄贈ではありません)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~minoru-n/

2チャンネル発、産経経由
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/chiba/html/kiji03.html

図書館司書の方は、こうやって副収入を得られるのですね。寡聞にして知りませんでした。
___以下2チャンネルからの引用___
全国の図書館にこれだけ土橋の本が納入されているのは、
「子どもの本の出会いの会」なる団体が「出会いの本50冊」というのを企画して図書館に薦めたから、という可能性が高い。

で、土橋の本は2000に選ばれている。
ttp://www015.upp.so-net.ne.jp/kodomodokusho/deainohon50.2000.htm
さすがに土橋自身はこの年の選考委員には入っていないが、
1999年の選考委員
ttp://www015.upp.so-net.ne.jp/kodomodokusho/99deainohon50.htm
2001年の選考委員
ttp://www015.upp.so-net.ne.jp/kodomodokusho/deainohon2001.htm
である。つまり、2000年に土橋の本を選ぶために選考委員を外したのではないだろうか。1999年と2000年の選考委員はかなり重なっているため、コネも通りやすかったと思われる。

また、「子どもの本の出会いの会」加盟団体には日本国際児童図書評議会が含まれ、土橋はこの評議会の理事である。
ttp://www.jbby.org/jbby/member02.html

Posted by: 十六夜 | July 22, 2005 at 12:24 AM

十六夜さま、コメントありがとうございました。
また、貴重な情報、ありがとうございました。

> 図書館司書の方は、こうやって副収入を得られるのですね。寡聞にして知りませんでした。

・・・もちろん特殊な事例です。だいたい著書がある図書館司書なんてほとんどいないでしょうし。
でもこの事例にはビックリです。船橋市西図書館は選書基準さえメチャクチャ?

この司書さんのやったことは図書館員が守るべき「倫理綱領」にも反する行いですし、「図書館の自由」宣言からみても問題ですので、私の知るところでは図書館界としても(児童サービスの世界は知りませんが)冷ややかにみられていると思います。

日本図書館協会でも声明を出すと聞いております。その中ではおそらく、この判決が言及した公立図書館の意義、図書館員の義務が「図書館の自由」宣言、「倫理綱領」で既に確認されていることを示し、図書館界としてこれらの宣言・綱領の意義を再確認すべき、というようなことが述べられるのではないかと思います。

Posted by: gomame | July 22, 2005 at 01:07 PM

It's an amazing paragraph in support of all the online visitors; they will obtain advantage from it I am sure.

Posted by: astuce clash of clans | April 12, 2015 at 05:14 AM

Thanks for sharing your thoughts on rs232 logger. Regards

Posted by: Celinda | April 14, 2015 at 06:35 PM

I for all time emailed this blog post page to all my friends, since if like to read it next my friends will too.

Posted by: hardware keylogger | April 23, 2015 at 04:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/4965731

Listed below are links to weblogs that reference 最高裁、破棄差戻し(船橋市立図書館蔵書廃棄事件):

» 船橋市西図書館蔵書廃棄事件・最高裁判決傍聴記 [図書館員の愛弟子]
 昨日10:30に開廷し5分ほどで閉廷した上記判決の傍聴に、私も行ってまいりまし [Read More]

Tracked on July 15, 2005 at 01:41 PM

« お久しぶりです・・・ | Main | 判決文が公表(船橋図書館蔵書廃棄事件) »