« 著作権なるほど質問箱@文化庁HP | Main | 船橋市立西図書館蔵書廃棄事件の最高裁での口頭弁論(続) »

著作権情報センターの「著作権者探し」ページ

当ブログの4/13づけエントリでも紹介しました著作権情報センターHP上の「著作権者探し」のページ、当たり前ですが構築されていました。

「著作権者を捜しています」(著作権情報センターHP)

このページ、同センターHPのトップページの左真ん中あたりのボタンをクリックすると出てきますし、もちろん文化庁HPの裁定関係のページ(「著作権者不明等の場合の裁定制度」)の「リンク」からもアクセスできるようになっています。

で、ちょっと読んでいきますと・・・。

「このページをご覧になる方へ」
・ 著作物を利用したいが、著作権者等が不明等により、著作権者に連絡することができない方のための「著作権者捜し」の広告ページです。
なるほど、「広告」ページですか。もう少し公的なものをイメージしていましたが、考えてみたらもっともな話ですね。
・ 右上の「この著作権者を捜しています」をクリックすると、広告の一覧が表示されます。
あ、確かに「この著作権者を捜しています」っていうボタンがあるなぁ・・・でもリンクがまだ張られていないようですケド。ちょっと下に「現在の掲載件数は、0件です」って書いてありますから当たり前か・・・。記載例くらい載せておいてくれてもいいような感じがしますが。
・ 各広告の詳細ボタンをクリックすると、広告掲載者の連絡先および著作物の詳細等が表示されます。広告掲載者のホームページに詳細内容を掲載している場合は、当該ホームページにリンクします。
なるほど。そうすると、おそらく、トップページ程度の情報しか掲載してもらえなさそうですね。捜している著作権者の氏名等は「広告掲載者のホームページ」に載せろ、ってことなのでしょう。国立国会図書館のような大規模な著作権者捜しの場合だと、サーバーの容量的に問題でしょうからね・・・。
・ 掲載の著作物の著作権者の方または心当たりのある方は、広告掲載者にご連絡ください。当センターでは、広告掲載者への紹介・斡旋等は行いません。
え〜そうなんだ・・・。まぁそりゃそうか。でも多分、「当センター」にまず問い合わせが来るんだろうなぁ。
「著作権者捜しの広告掲載をご希望の方へ」
・ 広告掲載は、有料です。
え?有料なんですか??ま、「広告」っていうくらいだからしょうがないか・・・。でもいくらくらいするのかなぁ。法外な値段じゃなければいいんですが。でも、こういう事業くらい、例の「共通目的基金」(私的録音録画補償金の2割を財源として著作権等の思想普及等の事業に支出するために用意されている基金)から支出してもいいような気が・・・。だって、著作物の利用の円滑化に資するためにあるんでしょ、このページって。でもやっぱり、受益者負担の考えからいえば有料が妥当?ううむ・・・。
・「裁定による著作物の利用」制度(著作権法第67条)の利用を前提に広告を掲載する場合は、予め、「裁定制度についてのマニュアル」(文化庁のホームページ)をご覧のうえ、文化庁著作権課にご相談ください。 ・当ページを利用して「著作権者捜し」の広告掲載を実施したことが裁定の承認を得られることを保証するものではありません。
というか、ここに広告を載せる人って、文化庁長官の裁定を使うことを前提にしているんじゃぁ・・・。文化庁長官の裁定を受けないけど単に著作権者を捜すためにこのページを使う人なんていないような気がします。まぁ、あくまで「形式的には無関係」っていうポーズを維持したいんでしょうけど。

第一号が登場することを心待ちにしてます。
多分第一号は、あの「近デジ」を抱える国立国会図書館なんでしょうけど。

|

« 著作権なるほど質問箱@文化庁HP | Main | 船橋市立西図書館蔵書廃棄事件の最高裁での口頭弁論(続) »

「著作権」カテゴリの記事

「著作権行政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/4243745

Listed below are links to weblogs that reference 著作権情報センターの「著作権者探し」ページ:

« 著作権なるほど質問箱@文化庁HP | Main | 船橋市立西図書館蔵書廃棄事件の最高裁での口頭弁論(続) »