« インターネットのプリントアウト「黙示の許諾」説--第3回法制小委(1) | Main | 文字・活字文化振興法案の要綱案が明らかに! »

無線LANと「同一構内」--第3回法制小委(2)

 それからもうひとつ、この小委で気になったことが。
 zfylさんでも記載が省略されていたので大した議論もなかったのでしょうが、このときに教育関係の要望もあわせて取り上げられていました。教育関係って昨年8月の要望募集のときに何か出してたっけ?と思って昨年9月30日の法制小委の資料を確認しますと・・・。

(62) 教育機関における異時での公衆送信(私立大学情報教育協会)
(63) 教科書を利用した教材の制作における教科書掲載著作物の利用を権利制限の対象とすること(日本図書教材協会)
(64) 学校等の教育機関における複製に対する補償金制度の新設(自然科学書協会、日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本著作出版権管理システム)
(65) 第33条第4項教師用指導書への「準用」に対する規制の条文化(日本美術家連盟)

の4項目が挙がっています。
・・・ありゃ?今回の要望と一致してないんですけど??

 今回の要望事項は、
1. eラーニングを実施する際の公衆送信について
2. 授業で使用した著作物の教育機関内での共用について
3. 無線による構内LANの公衆送信からの除外について
の3つ。昨年9月の要望と一致しているのは1.のみ。まぁ、(62)以降は教育界からの要望じゃないから、1.だけでも仕方ないか・・・。でもそれだったら、2.と3.は、昨年9月の要望で出されていないのに今回要望されたわけ??あ、平成15年までの検討の際に出された要望なのかなぁ?2.はそのようですけど。

 そんなわけで、3.には唐突感が否めないわけですが、要望内容はごもっともだと思いました。
だって、有線LANが「同一構内」ということで公衆送信から除外されているのに、無線LANが除外されていないってのは何だか変ですもんね。

 平成9年にそれまで有線送信と放送に分かれていた送信系の概念を公衆送信に一本化したとき、それまで放送の定義から「同一構内」が除外されていなかったので、この一本化のときも無線LANを除外しなかったのでしょうが、この当時は無線LANの技術も一般化されていなかったわけで、それだと除外する理由に乏しかったのでしょう。

 しかし、今では無線LANも一般化されているわけですし、著作権者に与える経済的利益への影響も有線のときと何ら変わりないわけですから、これは無線LANも含めるべきだと思います。

 ただ、「同一構内」が公衆送信から除外されているのは、別にLANのことを考えてのことではなくて、歌手がコンサートをしたときにマイクを通した送信だけ権利が及ぶのはおかしいという理由からでしたので、ガチガチの権利者寄りの方でしたら、「そもそも有線LANが公衆送信から除外されていること自体おかしい」と異議を唱える可能性も考えられますが、いまさらLANを公衆送信に含めるっていうのは、実務に与える影響が大きすぎるような気もします。

 隠れた論点ではありますが、今後の動向が注目されます。

|

« インターネットのプリントアウト「黙示の許諾」説--第3回法制小委(1) | Main | 文字・活字文化振興法案の要綱案が明らかに! »

「著作権」カテゴリの記事

「著作権行政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/4228920

Listed below are links to weblogs that reference 無線LANと「同一構内」--第3回法制小委(2):

« インターネットのプリントアウト「黙示の許諾」説--第3回法制小委(1) | Main | 文字・活字文化振興法案の要綱案が明らかに! »