« 新宿で北京ダック! | Main | 4/6衆議院文部科学委員会 »

国会図書館長の給与問題(5)

本日の衆議院本会議で可決成立したそうです。

朝日と産経の朝刊に載っていました。産経の記事がさらっとしていたのに対し、朝日の記事が妙にネチっこいのはナゼ??

朝日4/8付け朝刊4面「国立国会図書館長の給与を減額 それでも年2912万円」

産経4/8付け朝刊5面「改正国会図書館法が成立」(ネット未掲載)

|

« 新宿で北京ダック! | Main | 4/6衆議院文部科学委員会 »

「図書館」カテゴリの記事

Comments

拝啓
 記事とは関係ないのですが、米国の公文書館長みたいにきっちり意識と責任を持って仕事するなら高額でも良いと思います。しかし、当方の元社長が就任する国会図書館長は国会両事務総長のあま・・・年金受け取りまでの再就職先だから減って当然かと思います。

Posted by: Armaca | April 08, 2005 at 11:28 PM

続けてすみません。
本来ならば国会図書館職員の生え抜きが館長になるのが正しいのでしょう。または、全国の図書館長の中から抜擢するとか・・・追求することは一杯有るのに、ねちっこい割に朝日新聞は、お金でしか物事を判断していません。カラシニコフの特集とか、良い記事も書くんですけどね。

Posted by: Armaca | April 08, 2005 at 11:38 PM

Armacaさま
コメントありがとうございます。
(本文の方でレスさせていただきます)

>当方の元社長が就任する・・・
ひょっとして衆参事務局のお方ですか!?

Posted by: gomame | April 09, 2005 at 11:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/3615949

Listed below are links to weblogs that reference 国会図書館長の給与問題(5):

« 新宿で北京ダック! | Main | 4/6衆議院文部科学委員会 »