« 歴史教科書の翻訳と著作権(大丈夫?) | Main | Blogは違法コピーの温床(笑) »

知財推進計画2004の見直しに対する意見が公表

謎工さんの新Blog "The Casuarina Tree"経由で、
あの知財推進計画2004の見直しに対する意見(私は出しませんでした・・・すみません)が公表されたことを知りました。

知的財産推進計画2004の見直しに関する意見募集の結果について

それを早速読んでみました。
う〜む、謎工さんの「工作」が効を奏して(謎工さんご自身のものと思わしきご意見も多数見受けられますが)、全体的に保護強化反対の立場の意見が多いです。

ですが、ごく少数ながら、出版者の方のご意見(p.46)や、推理作家協会の方?と思わしきご意見(p.50)なども。
ところが、この出版者の方のご意見、明らかに版面権の創設を求めていらっしゃると思うのですが、事務局の方が「版面権」としてまとめたところではなくて「デジタルに対応した著作権」というカテゴリの中に入っています。また、上映権の権利制限の限定反対の意見が「版面権」のカテゴリに入れられていたり・・・作成なされた方のご苦労が偲ばれます。

「推理作家協会の方?と思わしきご意見」とは、次のものです。

○公共図書館の貸出に対し著作権使用料を支払う制度を導入する。公貸権料は全国の図書館の貸出明細を貸与権管理センターにおいて年度毎に集計し、しかるべき料率を以てその額を算定、それを書証として各著者に送付する。著者は確定申告時に同証書を添付、使用額相当分を所得控除として申告できるものとする。出版物の収益回収期間として、公共図書館の貸出開始までに一定の準備期間を設ける。(p.50)

これがなぜか「著作権の管理」にカテゴライズされています。「貸与権管理センター」という記載があるから?せっかく「貸与権」というカテゴリを設けている(pp.44-45)んですから、そこに入れないと!
(そしてそのカテゴリには、「貸与権管理センターが動いていない」といった内容の意見書があるわけで・・・)
ここでは、公貸権の導入と同時に貸出し猶予期間の新設まで要望していますから、おそらく日本推理作家協会の方か、その主張にご賛同なされた方がご提出になられたに違いありません。

しかし、図書館の貸出しと出版物の売上げ減少の因果関係って、論証されていない(むしろ否定的?)んじゃなかったでしたっけ?(まぁ、公貸権を導入している国でもこの因果関係を証明している事例はないんですが)

公立図書館貸出実態調査2003報告書(日本書籍出版協会HPから)

|

« 歴史教科書の翻訳と著作権(大丈夫?) | Main | Blogは違法コピーの温床(笑) »

「出版流通」カテゴリの記事

「図書館」カテゴリの記事

「著作権」カテゴリの記事

「著作権行政」カテゴリの記事

Comments

その一方で36ページには

> 出版業界によるいわれのない過度の図書館への圧力に反対する。
> 業界団体と、その御用聞きと化した文化庁著作権課による、「出版物の
> 売り上げが伸びないのは図書館のせい」という根拠薄弱な
> キャンペーンを一刻も早くやめさせるべきである。

と言う意見があったりもしますけれど。

Posted by: 謎工 | April 27, 2005 at 04:29 PM

・・・これって謎工さんがお出しになったご意見ですよね??
文面がいかにも謎工さんなんで・・・。

知財戦略本部のお歴々がどちらの意見を信用するかにかかってそうです。
このキャンペーン、文字・活字文化振興法案のパネルディスカッションのときにペンクラブの松本氏が口を開くたびに主張してましたし・・・。

それより、仮に公貸権制度を設けるとした場合、松本氏流の「金銭支給」型を主張するのか、推理作家協会流の「税額控除+貸与禁止期間設定」型を主張するのかでもめそうな予感。松本氏もあんなところで声高々主張しているヒマがあるんだったら、推理作家協会側と意見調整した方がよいのでは??大きなお世話でしょうケド。

Posted by: gomame | April 27, 2005 at 05:05 PM

> ・・・これって謎工さんがお出しになったご意見ですよね??

 いや、今回は図書館関係の意見は何も書いてないんですよ。
以下に見出しだけ列挙

1. 商業用レコードの還流防止措置を巡る顛末に学び、既存の項目を再点検すべきである
2. 独占禁止法第21条は直ちに廃止し、第23条は廃止を前提に縮小すべきである
3. 誰でもアクセス可能なアーカイブ構築に必要な施策を体系的に実施すべきである
4. 著作権保護期間の延長は実施すべきでない
5. 著作権法に「動画著作物」の定義を新設し、頒布権の名称を「興行配給権」に改めるべきである
6. 「権利の消尽は悪」と言う主張の不当性と関係者間協議制度の破綻
7. 「世界最強」と揶揄されるほどに厳格な同一性保持権を緩和すべきである
8. 著作権法に中立行為保護規定を設けるべきである
9. 著作権法においてフェアユース規定を明文化すべきである
10. 障碍者の情報アクセス機会確保・拡大に関する項目を設けるべきである
11. 「青少年保護」目的と称する包括的表現規制に反対する
12. コンテンツ提供事業者にユーザーサポート体制の拡充を義務付けるべきである
13. 商業用レコードの還流防止措置は早期に廃止すべきである

 ここだけの話、持論である「独禁法第21条(←23条ではない)廃止」の支持者が他にも居たと言うのが嬉しかったり。

Posted by: 謎工 | April 27, 2005 at 05:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43339/3877350

Listed below are links to weblogs that reference 知財推進計画2004の見直しに対する意見が公表:

» 【パブコメ】知的財産推進計画2004の見直しに関する意見募集結果 [Kim.のいきなりなんばすっとねあんたわ!]
…が出たそうです。 いや、すっかり忘れてました(まて) 知的財産推進計画2004の見直しに関する意見募集の結果について 後で読む事にしますが、 知財推進計画2004の見直しに対する意見が公表(Library & Copyright)によると、 全体的に保護強化反対の立場の意見が多いです。 とのこと。今後の展開を期待したいです。 ところで、上記Blogのコメントで話になっている36ページの意見。 すみません、私です。(汗) この頃って、図書館から金取れ!とか言う権利者がごろご... [Read More]

Tracked on May 10, 2005 at 01:24 PM

« 歴史教科書の翻訳と著作権(大丈夫?) | Main | Blogは違法コピーの温床(笑) »